2015年01月15日

【読了26】絵本が開く魔法の世界

親戚いわく、子どものころは本を読むのが大好きだったらしい。
そんな記憶はまったくないが、小2でソフトボールを始めてからすっかり手付かずになって、母親から「昔はようけ本読んどったのにねぇ」と言われて、母親というのはスポーツより読書をする子が好きなのかなと思ったのはハッキリ覚えている。
昨年、仙台で筆者にお会いした際に、そのご主人(以前からお世話になっている方)から「妻がこんな本を出したんだけど、よかったら」と紹介していただいた。そんなことでもないと、この手の本をポチることはなかったと思う。



続きを読む
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

【読了25】娼婦たちから見た日本

この本を知ったのは、東洋経済ONLINEの「出稼ぎで日本に来る娼婦たちの厳しい現実」という記事の中で。
以前、テレビで水商売や風俗業に関わる女性を支援している東京のNPOの活動を見ていて、その代表者が若い男性だったのにちょっと興味を持っていたこともあり、なんとなくポチッてみた。




続きを読む
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

2015年の抱負

元日の夜に、1年前と同じようなタイトルで書いてみる。
ちょうど1年前は、もう動きたくて動きたくて仕方なかった。
だから、さっそく年明けから仲間を募って動き出した。

1年間、いっしょに悩み考えてくれた人たちには心から感謝しています。
本当にありがとうございました。
おかげで、自分だけでは考えられなかったこと、知らなかったこと、GOできずにいたことも、いくらかの自信を持って前に進めることができているなと感じています。まだまだ“成果”なんて言えるものを出すには時間かかるけど、今はこのプロセスを大事に大事にしていきたいなと思います。

昨年は、夏あたりから、いろいろと苛立ち焦りを感じることが多かった。
自分の活動分野ではもうずいぶん前から言われてきていること、まだこの分野に踏み込んでたった6年弱の僕でも知っていることでも、世間一般はもとより、同じ分野の人にも知られていない、理解されていないことがいーっぱいある。知られていても、実際そうなっていないことは数え切れないほどある。だとしたら、僕があと30年ぐらい活動できたとしても、実際に“仕組み化”できるのはたった1つで精一杯かもしれない。その1つを実現するためにも、今やっていること、これからやろうとしていることの多くを諦めて、その1つに集中しないといけないんじゃないか(でもそれじゃきっと食べてはいけない)。
そう考えると、今やっていることの遅々として進まない感じにイライラして身体のあちこちに目に見える症状が表れ出した。早く、なんとかしなきゃって、ストレスでいっぱいだった。でも、どうしたら少しでも早く事が進むのかわかんなくて余計にストレスが溜まった。

そんな状態は、年が明けてもあんまり変わらなかったんですけど、2つの出来事が自分を落ち着かせてくれました。1つは、年末の事務所の大掃除のとき、パートナーが紹介してくれた「2015年の僕の運勢」。税理士さんが贈ってくださった占いの本です。もう1つは、今日のお昼に立ち寄った神社で引いたおみくじ。「末吉」の中身が、見事にその占いの本にあったことと一致していてビックリ。こーゆーの信じるほうじゃない(というか、2,3日したら忘れてる)んですけど、どこか自分でもそうかなって思ってるところがあったから、背中を押された感じがしてすんなり受け入れられました。

2015年は新しいことにチャレンジしてもうまくいかないから、それより今までやってきたことをさらに充実させることが大事、なんだと。目先の“変化”じゃなくて、持っているものに“磨き”をかける。球種を増やすんじゃなくて、だれにも打たれないストレートを。

年男の一年、そういう時間の使い方もいいなと思います。
そんな成長の仕方にチャレンジしていきます。
本年もどうぞよろしくお願いします。晴れ

2si-mu.jpg
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする