2016年07月20日

【読了36】400のプロジェクトを同時に進める佐藤ナオキのスピード仕事術

もっともっと、仕事のスピードを上げたい。

ここ2,3年、その思いは強く、「読んでる時間あったら仕事いくつか終わらせるのに・・・」と迷いながらも、読後に期待してついついこーゆー系の本に手を出すこともしばしば。

で、今回は具体的に改善できたのでよかった。

よしひこは 「すばやさ」が 3あがった。▼




−やり方次第で仕事のスピードはいくらでも上げられる。

これホント。
「いくらでも」ってのはどうかわかんないけど、少なくとも今より速くなるのは確か。自分の仕事が遅いと思っている人、もっと速くなりたいと思ってる人に本書はオススメです。

いろんなノウハウが書かれてますが、今の僕にとって役立った5つの仕事術をご紹介。

1.タスクの位置付けを可視化する
ToDoアプリに入れてるタスクを、3日以内にやる「Now」ともう少し後でやる「Later」と時間的に余裕ができたときにやる「Maybe」の3つのフォルダに振り分ける。ただ締め切りで分けるんじゃなくて、「Later」は【切迫感はないけれど、放っておくと危機的な事態を招く可能性がある仕事】、「Maybe」は【やってもやらなくても大丈夫だけれど、それをやることによって長期的にメリットがありそうなこと】、という位置付けがポイント。ちなみに、このブログを書くこと自体は・・・「その他」かなw
これを始めてから、仕事の優先順位と全体的な位置付けが可視化できて助かってます。
ちなみに、「Now」のフォルダには“締め切りよりずっと前に入れておき、常に前倒しで仕事を進めること”がポイントだそうですが、これはまだできてません。。。

2.情報のインプット日とアウトプット日を分ける
僕はカレンダーに空きがあれば依頼をどんどん入れていってたんですが、一日の中で情報のインプット(相談、打合せ、ヒアリング、調べ物等)とアウトプット(資料作成、執筆、取材対応等)の両方が入っていると、頭の切り替えに脳が疲弊して仕事の効率が落ちるんだと。
これは最近とくに実感してたことなんで、早速、仕事の依頼時に「いつが空いてますか?」と聞かれたら、カレンダーアプリを見ながら、時間に空きがあっても「この日はアウトプットの日だから・・・」と考えて調整するようになった。もちろん、可能な範囲でだけど、ストレスは減ったように思う。年に10日も休みがないので、こういうスケジューリングの改善は長期的に見て効果が大きいはず。
ちなみに、これ書いてる今日は終日「アウトプット日」。だれとも会いません!

3.依頼を断る基準を守る
これ、大きくうなづいたところ。マジ大事。
ウチの団体でいうと、まだ明文化できてないけど、コアスタッフ間の共通認識として「現場団体がやったほうがいいことには手を出さない」、「ボランティア(無料)や超低額での翻訳・通訳の紹介依頼は受けない」、そして「相当の理由がなければ規定額以下での仕事は受けない(きちんと交渉する)」など。中間支援組織として、市民団体が、ひいては社会全体が持続的な活動ができる環境づくりに注力することの重要性を強く感じてます。一方で、「外国人コミュニティからの依頼は原則受ける」、「東海地域からの依頼は可能な限り受ける」など、ミッションに即したものは金銭的な対価だけで測らないように。
こうした基準を大切にしたことで、たとえば2015年度の講師派遣は、受注件数が昨年度より減ったものの、売り上げは昨年度よりずっと増えたし、気持ち良くやれる仕事に集中することで、役に立ちたいところで役に立ててる感も増しました。

4.やれることはすべてやる
これは最近できていないこと。
依頼された範囲を超えて、プロジェクトの成果が予想以上になるような提案と仕事に労力が避けず、無難にこなしてしまっているなと感じることが少なくない。すべてやってちゃキリがないんだけど、相手に常にプラスアルファを感じてもらえるような仕事をしたいなと心新たにしました。

5.魅力を正しく発信する
これ、やりたいのにやれてないことのトップランカー。
好事例はネット上にありふれていて、「事例集」とかも作られてるけど、どれも“魅せ方”がイマイチだと感じる。デザイン性がほとんどないか、あっても正直、ダサイ(個人的な感性です。失礼。)。まあ、デザインにお金をかけられない(自分でもできない)のが要因なんだけど、やっぱいろんな意味で“魅せ方”が上手なところは注目されやすいんで、多文化共生分野にもっとデザイン性を付加したいなと思います。どなたか、協力してくださる方がいればご連絡くださいませ。


4,5をやるためにも、1〜3をしっかりこなしていきたいなと。

まずは自分。

実はそれ以上に、仕事が速い仲間を増やしていくことで全体のキャパが何倍にも引き上がるんだけど、これがなかなかムズカシイ。
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック