2016年10月24日

備忘録 フィリピン・ダバオツアー2016(8)

Time Flies!!

なんと、前回記事から1ヶ月が経ってしまった。

えーっと、あ、そうそう、9/8、ツアー2日目ですね。

朝ごはんを食べてたとき、津市から来てたオッちゃんが、「この緑のハッパ知っとるか?そのへんに生えとんの摘んできただけなんやけど、なんや、スーパーフードゆーて栄養めっちゃあるらしいで。ただのハッパやけどな〜」と、味噌汁に入ってるのを指差して教えてくれました。

IMG_3250.jpg


たしかに、なんだろなーと思ってたけど、調べたら「モリンガ」ってゆー葉っぱで、ハリウッドのセレブの間でも人気らしい(なんでこーゆーのっていつも“ハリウッド基準”なんか知らんけどw)。


 記事:「モリンガ茶」って知ってる?栄養効果は世界一のスーパーフード?!

で、たしかに、庭先にフツーに生えてた。

これ見たら、ハリウッドセレブはかぶりつくんだろうかw

IMG_3691.JPG



スーパーフード食べて元気モリモリになったところで、この日は初日に続いて、朝からフィリピン日系人国際学校の幼稚園クラスにおじゃまして、そのあとミンダナオ国際大学(MKD)の授業にも参加したんでした。

昨日はホリ先生のありがた〜いお手本を拝見し、今日は学生さんの出番。
しっかり練習した絵本の読み聞かせと「しあわせならてをたたこう」。
昨日よりはずいぶん緊張もほぐれて、上手にできました。

IMG_3443.JPG

fullsizeoutput_35f6.jpeg

fullsizeoutput_35f7.jpeg



MKDの授業参加までに時間があいたので、コーディネーターの町田さんのご配慮で、日本フィリピンボランティア協会(JPVA)の敷地内を借りて開講されている介護人材育成クラスにおじゃま。

こちらは、なんと、愛知県田原市にある社会福祉法人福寿園さんが昨年から開講されている一般人向けのもので、ここで日本語と介護の基礎を身につけ、名古屋市内の某日本語学校に留学生として送り出し、卒業後に田原市内の福祉専門学校に進学、在学中は福寿園グループの介護施設でアルバイトをしながら経験を積み、卒業後に入職・・・という流れを想定されてのことだとか。

ま、これも現在国会審議中の在留資格「介護」や「技能実習」としての介護職受け入れが認められるまでの一時的措置だそうですが。それにしも、こうしてがんばっている現場団体と来日を夢見ている人たちを目の当たりにすると、政策立案者の役割って本当に大きいなぁと思いますね。

fullsizeoutput_35f8.jpeg

fullsizeoutput_35fa.jpeg

fullsizeoutput_35ff.jpeg



EPA」や「第三国定住」の受け入れにしても、JICAの青年海外協力隊・シニアボランティアの送り出しにしても、「国策」での人の往き来には、こうした出国・来日前研修があるのはいいことですね。反対に、そうではないケースでの “事後対応" の難しさを改めて考えさせられました。

(つづく)
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック