2017年02月19日

ふりかえり(2月)

ー 今年は毎月1日に「2017年の抱負」をふりかえり、進捗状況をチェックする

そう決めてから最初のふりかえりが、2/19という残念な結果に。。。

いや、1,2月はホントに心を亡くしてたんスよ。
今日も休日返上でノマドってます。

ってことで、気分転換に。

続きを読む
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

2017年の抱負

明日から仕事始めなんで、その前に、2016年のふりかえりをもとに、2017年の抱負を書いておく。

去年できなかったこと、部分的にしかやれなかったことはそのまま継続してやり遂げる。→ [再掲]
そのうえで、新しいことにもチャレンジ!→  [新規]

続きを読む
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

2016年をふりかえって

年の瀬に、2016年1月2日に立てた1年の計(目標)の達成度をチェックしてみる。

[達成度] 😃十分できた 😞部分的にできた 😖まったくできていない

【仕事編】
1.NPO法人多文化共生リソースセンター東海(代表理事)(〜2016年7月)
組織運営と各事業について、状態目標と行為目標が明示できている
 😖理事会、総会(7月下旬)で共有

2.NPO法人日本ボリビア人協会(理事)
1)日本語通信講座に必要な素材が揃っている(〜2017年3月末)
 😃教材(vol.1〜12)の改訂版(「やさしいスペイン語」版)が完成している
 😞副教材(品詞別活用練習帳、Basic生活漢字練習帳、動画)が完成している
 😖お役立ち生活情報リンク集(スペイン語)がブログに整理されている

2)日本語通信講座を他地域・他言語で展開する準備ができている(〜2017年7月末)
 😞必要なコストと社会資源が数字で表せている
 😞実施に際しての留意点等が明文化されている

3.NPO法人多文化共生マネージャー全国協議会(理事)
1)新・多文化共生マネージャー養成コースのシラバス案ができている(〜2016年10月)
 😞講義名と講師候補者が明示できている

2)東海地域の新旧タブマネがつながり、気軽に情報交換ができる仕組みが1つ以上できている(〜2016年1月初旬)
 😃7月下旬〜8月上旬と1月下旬〜2月上旬の年2回、「東海タブマネ懇親会」を開催
 😞東海タブマネのML/FBグループを立ち上げ

4.NPO法人起業支援ネット(理事)
1)多文化共生分野で起業を考える人の入口が1つ以上できている(〜2016年5月)
 😖第3回「多文化共生を仕事にする」を開催(4月ごろ)

【プライベート編】
1)スペイン語の基本が理解できている
 😖5/21にDELE A1, 11/26,27にDELE A2を受験し、合格する

2)英語で自分の仕事の概要について説明できるようになっている
 😖3ヶ月に1回程度、glocal cafe で誰かに説明する

3)韓国以外のアジアに2日以上滞在し、空気感を肌で感じている
 😃候補地:台湾、フィリピン、タイ、インドネシア

4)11月以降もバテない体づくりができている
 😞毎晩、寝る前にストレッチ
 😖週2回以上、家から最寄駅まで往復2kmをランニング


というわけで、15項目中😃=3、😞=6、😖=6という散々な結果に。。。


続きを読む
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

備忘録 フィリピン・ダバオツアー2016(9)

(つづき)

午後、タイミングよくフィリピン日系人会の理事長さんとお会いすることができ、お話を伺いました。

fullsizeoutput_3604.jpeg
理事長のエスコビリアさん(日系2世)



続きを読む
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

備忘録 フィリピン・ダバオツアー2016(8)

Time Flies!!

なんと、前回記事から1ヶ月が経ってしまった。

えーっと、あ、そうそう、9/8、ツアー2日目ですね。

朝ごはんを食べてたとき、津市から来てたオッちゃんが、「この緑のハッパ知っとるか?そのへんに生えとんの摘んできただけなんやけど、なんや、スーパーフードゆーて栄養めっちゃあるらしいで。ただのハッパやけどな〜」と、味噌汁に入ってるのを指差して教えてくれました。

IMG_3250.jpg


たしかに、なんだろなーと思ってたけど、調べたら「モリンガ」ってゆー葉っぱで、ハリウッドのセレブの間でも人気らしい(なんでこーゆーのっていつも“ハリウッド基準”なんか知らんけどw)。


 記事:「モリンガ茶」って知ってる?栄養効果は世界一のスーパーフード?!

で、たしかに、庭先にフツーに生えてた。

これ見たら、ハリウッドセレブはかぶりつくんだろうかw

IMG_3691.JPG



続きを読む
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

備忘録 フィリピン・ダバオツアー2016(7)

スタディーツアー初日。(今度こそラスト)

寄り道3、ミンタルにある日本人墓地へ。

IMG_3389.jpg



続きを読む
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

備忘録 フィリピン・ダバオツアー2016(6)

スタディーツアー初日。(これでラストか?)

インターナショナルスクールの帰り道、ガイドの町田さんのはからいでちょっと寄り道をすることに。

寄り道1、ガソリンスタンド。
トイレのピクトグラム、男女で色が同じってことだけでも「異文化」が感じられるね。

IMG_3379.jpg

別に、この色で統一されてるわけじゃない



続きを読む
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

備忘録 フィリピン・ダバオツアー2016(5)

スタディーツアー初日。(つづき)

JPVA事務所から車で北に1時間半ぐらい行ったところに、MINTAL(ミンタル)というところがある。そこは戦前からの日系人居留地で、「人(民)が多く留まる場所=民多留(みんたる)」なんだとか。そこからさらに10分ぐらい奥に行くと、CALINAN(カリナン)。

ここに、日本フィリピン歴史資料館と、フィリピン日系人会(PNJK)のインターナショナルスクール・カリナン分校がある。

まずは、歴史資料館へ。

IMG_3356.jpg
中は撮影禁止なので、入口だけ

IMG_3355.jpg
案内してくれたのは、JLPTのN2に合格したバゴボ族の才女



続きを読む
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 17:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

備忘録 フィリピン・ダバオツアー2016(4)

スタディーツアー初日。(つづき)

幼稚園訪問の後、向かいの建物にあるNPO法人日本フィリピン・ボランティア協会(JPVA)さんのダバオ事務所におじゃまして、スタッフの町田さんから今回のツアーに関して基本的なレクチャーを受ける。

IMG_3331.jpg
1階にJPVA事務所が入っている建物

IMG_3330.jpg
今回のツアーの引き受け役の町田さん(中央)と増田さん(その右)


続きを読む
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

備忘録 フィリピン・ダバオツアー2016(3)

スタディーツアー初日。

最初の訪問先は、フィリピン日系人会(PNJK:Philippine Nikkei Jin Kai)が運営するインターナショナルスクール、「フィリピン日系人国際学校」へ。入口や教室の中には、しっかりとVISIONやMISSIONが示されてる。VISIONには「多文化共生」の一言が!

IMG_3259.jpg
立派な校舎

IMG_3304.jpg
VISIONに「多文化共生への意識を持ち〜」と。


続きを読む
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 09:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

備忘録 フィリピン・ダバオツアー2016(2)

スタディーツアー初日の朝。

焦(じ)らすわけじゃないけど、まずは宿泊先の紹介を。

今回、6泊すべてお世話になるのは、Belsario Heights(ベルサリオ・ハイツ)という住宅街にある民宿的なお宿「CASA MARIA(カーサ・マリア)」。高級な一軒家を部屋貸ししてるところ。

IMG_3776.jpg

CASA MARIA


続きを読む
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 18:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

備忘録 フィリピン・ダバオツアー2016(1)

今日(9/6)から9/12まで、(一社)グローバル人財サポート浜松さん主催の「フィリピン・ダバオツアー2016」に参加。前々から行ってみたいと思っていたフィリピン。目的はいろいろあるけど、できるだけ頭を真っ白にして、五感で感じてみたい。仕事もいろいろ溜まってるけど、できるだけ「今、ここ」に集中!


続きを読む
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

2016年の抱負

今年の抱負を書く前に、昨年の抱負を読み返してみた。

持っているものに“磨き”をかける

うーん、これじゃ評価できないね。
人にどうこう言う前に、自分がちゃんと状態目標と評価指標を立てないとダメじゃん。

ということで、今年は来年の今頃振り返ったときに、ちゃんと評価できるようにしてみよう。


続きを読む
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

2015年の抱負

元日の夜に、1年前と同じようなタイトルで書いてみる。
ちょうど1年前は、もう動きたくて動きたくて仕方なかった。
だから、さっそく年明けから仲間を募って動き出した。

1年間、いっしょに悩み考えてくれた人たちには心から感謝しています。
本当にありがとうございました。
おかげで、自分だけでは考えられなかったこと、知らなかったこと、GOできずにいたことも、いくらかの自信を持って前に進めることができているなと感じています。まだまだ“成果”なんて言えるものを出すには時間かかるけど、今はこのプロセスを大事に大事にしていきたいなと思います。

昨年は、夏あたりから、いろいろと苛立ち焦りを感じることが多かった。
自分の活動分野ではもうずいぶん前から言われてきていること、まだこの分野に踏み込んでたった6年弱の僕でも知っていることでも、世間一般はもとより、同じ分野の人にも知られていない、理解されていないことがいーっぱいある。知られていても、実際そうなっていないことは数え切れないほどある。だとしたら、僕があと30年ぐらい活動できたとしても、実際に“仕組み化”できるのはたった1つで精一杯かもしれない。その1つを実現するためにも、今やっていること、これからやろうとしていることの多くを諦めて、その1つに集中しないといけないんじゃないか(でもそれじゃきっと食べてはいけない)。
そう考えると、今やっていることの遅々として進まない感じにイライラして身体のあちこちに目に見える症状が表れ出した。早く、なんとかしなきゃって、ストレスでいっぱいだった。でも、どうしたら少しでも早く事が進むのかわかんなくて余計にストレスが溜まった。

そんな状態は、年が明けてもあんまり変わらなかったんですけど、2つの出来事が自分を落ち着かせてくれました。1つは、年末の事務所の大掃除のとき、パートナーが紹介してくれた「2015年の僕の運勢」。税理士さんが贈ってくださった占いの本です。もう1つは、今日のお昼に立ち寄った神社で引いたおみくじ。「末吉」の中身が、見事にその占いの本にあったことと一致していてビックリ。こーゆーの信じるほうじゃない(というか、2,3日したら忘れてる)んですけど、どこか自分でもそうかなって思ってるところがあったから、背中を押された感じがしてすんなり受け入れられました。

2015年は新しいことにチャレンジしてもうまくいかないから、それより今までやってきたことをさらに充実させることが大事、なんだと。目先の“変化”じゃなくて、持っているものに“磨き”をかける。球種を増やすんじゃなくて、だれにも打たれないストレートを。

年男の一年、そういう時間の使い方もいいなと思います。
そんな成長の仕方にチャレンジしていきます。
本年もどうぞよろしくお願いします。晴れ

2si-mu.jpg
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

投票用コミニュケーションボード

衆院選2014期日前投票がはじまっていますね。
今日(12/9)からは「最高裁判所裁判官国民審査」もスタート。
さっそく、投票に行ってきました。

ところで、先日facebookで久留米市の藤林詠子市議が、聴覚障害者のための「コミュニケーションボード」というのを紹介されていたのを見ました。投票所に手話通訳さんが常駐されているわけではないので、投票の仕方がわからなかったとき、その指さし会話のようなボードを使ってスタッフの方とコミュニケーションがとりやすいようにしようというものです。
これはすばらしい!と思って、投票所で探してみたのですが、残念ながらありませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)

なんでだろ?
と思って、いろいろ聞いてみました。

藤林市議から、このボードを作成されたのは、東京都聴覚障害者の参政権保障委員会さんと、東京都選挙管理委員会さんだと教えていただきました。(ありがとうございました!)

  
  聴覚障害者投票、シートでガイド ダブル選16日 東京(朝日新聞 2012/12/15)

  平成25年度東京都職員提案制度 受賞提案一覧
  「聴覚障害者向け投票所用コミュニケーションボードの活用」


都の選管事務局にお電話すると「投票所に置くならこちらからデータを提供できるが、個人使用なら保障委員会さんに聞いてみてほしい」とのお答えでした。それで、保障委員会さんに電話で伺ったところ「愛知県にもデータを送ってあるから、そっちから送ってもらって使ってください」とのこと。

回り回って、愛知県の選管事務局にお電話したら「データはもらっているんですけど、愛知県の状況からしてそのまま使えないので、加工して使えるようにしているところです。今回の衆院選中には間に合いそうにないので、来月告示予定の県知事選には使えるようにしたい」とのことでした。

というわけで、衆院選2014では、愛知県内の投票所に「コミュニケーションボード」が置かれることはないようです。(すでに独自で入手されて使われているところありますか?)
が、別の方法の一つとしては、都の難聴者の方がご自身のブログにボードの画像をアップされていらっしゃるので、必要な方はご自身でそれをプリントアウトしてお使いいただく、ということでしょうか。
これでは公的な「保障」にはならないかもしれませんが、ご紹介まで。

 ブログ「難聴者の生活goo Facebookと連携します。」
  選挙をバリアフリーにするコミュニケーションボード
d592de26b5701c7eeaa3a43eb818d1e2.jpg
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

【読了20】なぜ一六二人全員が助かったか

先日、女川の「きぼうのかね商店街」を訪れたとき、偶然、本屋さんで目にして即買いしました。

51jtrEsZntL._SL500_AA300_.jpg
『なぜ一六二人全員が助かったか』


今年3月、ネットニュース(河北新報:2014/3/15)で本書を知ってから、ぜひ読んでみたいと思っていたのですが、近隣の書店では目にすることがなかったので、「おお、これは!」と手に取りました。恥ずかしながら、佐藤水産がこのまちにあったことをすっかり忘れてました。あの動画、何度見たことか。なのに。。。





本書を通じて、女川町の外国人研修生受入れが、町の施策として産官民連携でなされていたこと、研修生全員が女性であることから日本人女性の生活相談員を多数配置したり、中国語のわかる日本語教師が指導にあたったりしていたことを知った。
昨今、メディアでも多くとりあげられているような搾取的・非人道的な扱いはなく、むしろ大切にされていたことがよくわかる。そうでないと、震災後1年も経たずして戻って来るはずがない。


そして、震災後に彼女たちがどうやって助けられ帰国の途についたのか、具体的なことを初めて知ることができました。中国政府・大使館の行動の速さには敬服致します。これらのことを8回にわたる現地調査を重ね、記してくださった編著者のみなさまに心からお礼申し上げます。

願わくば、東海地域の外国人研修生・技能実習生受入れ企業や関係者のみなさまに、ぜひともご一読いただきたいと思います。いざというとき、どうされますか?
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

【急募!】どまつり2014で東北復興ブースをお手伝いしてくれる人

定員に達しましたので募集を締め切らせていただきます。
たくさんのご応募ありがとうございました!
8/29〜31は、どうぞ会場にお越し下さい。


8月29〜31日の3日間、名古屋の暑〜い熱〜い夏イベント「どまつり2014」が開催されます。

そこに、なんと!なんと!
東北からさらにアツイ男たちが、海の宝物をどっさり携えてやってくる!

スクリーンショット 2014-08-14 12.38.55.png
フィッシャーマンズジャパン HP


しかも!しかも!
今回は YAHOO!JAPAN 復興デパートメントとのコラボで、あの「第3回社会イノベーター公志園」で日本中を沸かせたモジャモジャ男が、けん玉片手にやって来るってゆーじゃないですか。



そんな、彼らからのお知らせが届きました。
開催期間中、熱い男たちといっしょにブースを盛り上げてくれる人を募集しているんだそうです。
石巻まではなかなか行けないけど、少しでも東北復興に関わりたい!東北の魅力を肌で感じたい!という人は、ぜひこのチャンスを生かしてください。

<ボランティア募集要項>
 日 時:8月29,30,31の3日間
 場 所:にっぽんど祭り会場(詳細は応募者に直接ご連絡します)
 時間帯:29日は14:00〜22:00
     30,31日は8:30〜22:00
     ※いずれも、3時間以上できる人で応相談
 人 数:各日3〜5名(先着順)
 内 容:宮城若手漁師の浜焼きブースの販売お手伝い
 締 切:8月25日(月)17:00まで
 その他:交通費含め無償ですが、一生の思い出に残ることまちがいナシ!
 
<連絡先>
お名前、メールアドレス、希望の時間帯を明記の上、下記までご連絡ください。
 受付担当:土井佳彦(どい・よしひこ)
      mip_2002(at)hotmail.com ※(at)を@に変えてください



東海×東北のステキなコラボになることを願っています。
ご応募お待ちしています!!

2014-08-04 21.11.57.jpg 2014-08-04 21.27.11.jpg 2014-08-05 12.06.33.jpg 2014-08-05 13.45.17.jpg
先日、石巻と女川でいただいた海の幸
(左から、ホヤ刺、生ウニ、ホタテ刺、女川丼)
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

2014年の抱負

新年、あけましておめでとうございます。
ちょっとほろ酔い加減で、久々に抱負など書いてみようと思います。
というのも、ここ最近、今までやってきたことを本気でなんとか形にしたいってゆー気持ちが日増しに強くなってきてるんで。


続きを読む
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

【読了11】ニッポン在住ハーフな私の切実で笑える100のモンダイ

久しぶりの読書でした。
といっても、全編マンガなんで30分で読了。
でも、かけた時間の何倍も価値のある本でした。

harf.jpg
『ニッポン在住ハーフな私の切実で笑える100のモンダイ』



この本を手にとったのは、偶然でした。
先日、東京で観た映画『ハーフ』の帰りに、劇場のパンフレット売り場に並んでたんです。
装丁から、『ダーリンは外国人』チックなものかな〜と思って読んだら、まあそんな感じのものでした。^_^;

もちろん、“純ジャパ”な僕には共通体験がないんで「へぇ〜そっかぁ。そうなんだね。」「あー、そういうの聞いたことある」ってゆーリアクションなんですけど、とっつきやすいからいろんな人に読んでもらえるといいなと思いました。

僕の身近な人で読みたい方は、お貸ししますよ。本

ちなみに、映画『ハーフ』はメチャよかった!
東海4県の国際交流協会さん、ぜひ上映会やってください!!グッド(上向き矢印)

posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

【署名にご協力ください】横浜市夜間中学の充実と発展に向けて

「夜間中学」というのをご存知でしょうか。

高校生以上の方であれば、山田洋次監督の映画「学校」シリーズ('93年〜'00年の間に4作が公開)をご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。ご存知のとおり、これは映画の中だけの話ではありません。今もなお、「夜間中学」で学んでいる方が大勢いらっしゃいます。
つい先日(9/22)、読売新聞にも「夜間中学」のことが掲載されていましたね。

映画「学校」(予告編)



読売新聞(2013/9/22)「夜間学級 8割は外国人」



新聞記事にもあるように、その「夜間中学」は年々数が減ってしまい、貴重な学び(直し)の機会が失われています。しかし、映画でも現実でも、そこで学び続ける人たち、そこでしか学ぶ機会が得られない人たちはいて、今この瞬間も一生懸命机に向かっています。

そんな中、横浜市内の夜間中学が統廃合の危機に瀕しているということを知りました。僕がお世話になっている方も何名か、学校の存続や学習環境の充実に取り組まれています。その一環として、現在、横浜市教育委員会宛にその旨を伝える署名活動をされています。

関係者の了解を得て、下記に活動の趣旨等を記載させていただきました。
お読みいただき、ご賛同いただける方は、ぜひ署名にご協力をお願い致します。
社会を変えるチャンスというのは、そんなにたくさんあるわけではありません。
一度そのチャンスを逃してしまうと、二度と巡ってこないこともあります。
そのときに後悔しないように、今この機会に、自分が良いと思う社会をつくることに参加してみてはいかがでしょうか。
初めて署名活動に参加するという方は、けっこう勇気がいるかもしれませんね。
でも、僕も署名します。きっと、他にもたくさんの人が署名します。だから、一人じゃありません。

署名用のFAX用紙も添付しておきますので、ご自由にダウンロードしてお使いください。


-------以下、関係者メールより転載-------

【経緯・概要】
全国に35校設置されている公立夜間中学、何らかの理由で義務教育をおえることができたなかった人の大事
なまなびの場です。近年は、不登校経験者、そして外国人が大勢まなんでいます。
横浜では地元の人にさえしられずにひっそりと5校が存在してきました。「広報よこはま」に生徒募集もなく、昨年までは看板もあげられていませんでした。そして、なんと全国でただ横浜の5校だけに夜間中学専任の先生がいないのです。このような状況を改善しようと有志があつまって「神奈川・横浜の夜間中学を考える会」をつくり、運動をつづけてきました。それにもかかわらず、横浜市教委は統廃合して1校にしようという方針をうちだし、実施しようとしています。これに反対するためのFAX送付です。
全国各地の人が注目しているということがいちばんのおおきな力となります。
一人でもおおくの人のお力をください。ぜひともよろしくおねがいいたします。

9月21日(土)の「夜間中学緊急集会in横浜」は、40数名が参加し、素晴らしい集会になりました。
ドキュメンタリー映画「こんばんは」を撮った森康行監督から語られた夜間中学への熱い思い、川崎西中原中学夜間学級の先生による学びへの思いを綴った生徒作文紹介、生徒・卒業生・福島自主夜間中学代表の大谷一代さんの話、そして神奈川県会議員や横浜市会子ども青少年教育委員会所属議員からの今回の市教委提案への疑問や批判の声などが次々にあがりました。

集会の中では、以下のことが明らかになりました。
1、5校から1校への統廃合が発表1ヶ月足らずの10月中旬に決定しようとしており、
   あまりにも拙速であること
2、2万人と推定される義務教育未修了数を市がまったく把握していないこと

(市内「未就学者」=学歴ゼロの方は2077名:2010年国勢調査)
3、1校に専任教諭を配置すると言っても1〜2名で、現状と大きく違わないこと
  (川崎・西中原中学は川崎市教委が県に働きかけ、専任教諭が5名配置されている。)
4、市教委は60年間『広報よこはま』に募集もせず、ポスターやチラシも作ってこなかったこと
  (当日は川崎市が作った立派なポスターが掲示されました。)
5、長年、市教委が「8名定員制」「専任教員なし」「PR不足」の方針を取り、生徒が極端に少ない
  原因を作りながら、今回「生徒が少ないから1校に統合し効果を上げる」というのは逆立ちした
   やり方だということ


■集会では、アピールが採択され、市教育長や市議などへの要請FAX送付等の行動提起があり
 ました。ぜひ、ご協力下さい。
 要請FAXの用紙を添付ファイルでお送りしますので、ぜひ「わたしの一言」とお名前・ご住所 を
 お書きの上、市教委へFAXをお送り下さい。今週〜来週を中心にご送付下さい。また周りの方にも
 お知らせ下さい。(教育長及び議員宛要請ハガキもありますので、ご連絡いただければお送りします。)
     関本保孝 y.sekimoto(@)jcom.home.ne.jp  ※送付の際は@を半角に変えてください

横浜市教委宛FAX2013年.doc



■以下、統廃合問題の山場の緊急集会を開催しますので、お誘いの上、ぜひご参加下さい。
1、日時:10月5日(土)午後1時30分〜4時(1時開場)
2、場所:横浜市教育会館 3階第一研修会(JR桜木町駅徒歩10分)
      横浜市西区紅葉ヶ丘53番地 TEL045−231−0960
       地図http://www.ecole.jp/access/index.html 
     (詳しいチラシができましたら追ってお知らせします。) 

-------転載、ここまで--------

以上、FAXを送ることが難しい場合でも、今現在こうした問題が起きていることを多くの方に知っていただきたく、ブログにアップしました。ご一読ありがとうございました。わーい(嬉しい顔)
posted by 土井佳彦(Yoshihiko DOI) at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする